maneoが怪しく思えてきた・・・。

ソーシャルレンディング業界最大手のmaneo(マネオ)。

最近なんだかそのマネオが怪しく思えてきた。

業界最大手の名は、だてじゃない。

そう思っていたのですが、最近なんだかマネオが怪しく思えてきます。

ソーシャルレンディングという事業内容自体は、ある程度健全なものだと思っています。

最初はクラウドバンクからソーシャルレンディング投資を始めたのですが、何度か行政処分を受けながらも、健全に成長してきた。そんな印象を持っています。

また、いろいろ情報を得たり、勉強したりで、このような事業システムが成り立つのも理解できてきました。

伊藤忠商事やSBIホールディングスなどといった超大手企業からの出資があったり、レンディングクラブやオーナーズブックなどのソーシャルレンディングを行っている企業の株式上場なども、ソーシャルレンディングへの信頼感となっていました。

そんなこともあり、実はソーシャルレンディングへの投資を徐々に広げていたわけです。

ですが、その最大手であるマネオが最近なんか信用できなくなりつつあります。

そもそもの発端はグリーンインフラレンディングの事件です。

この業者はもうどうなるかわかりません。

投資した資金は戻ってくるのか、どの程度返還されるのか?怪しいものです。

まぁ、投資とはリスクがあるものであり、これをどうこう言っても仕方がないものでもあるのですが。

この事件で行政処分を受けたのは、マネオです。

なぜならば、まともではないファンドの募集活動を行っていたのが、マネオ(正しくはマネオマーケット)だったからです。

そもそも、高利回りに目がくらんだ本人が悪いんだろうと言われてしまえば仕方がないことなのかもしれませんが、行政処分になるということは、マネオのファンド募集活動自体に法的に問題があったからです。

となると、今回の件で損失を被ることになったのは、マネオにも責任があると言えるのではないでしょうか?

ですが、マネオは今回の事件から逃げようとしている?

最近は、そんな気がしてなりません。

マネオのロゴマークの下にあった『誠実』という言葉が消えていたり。

今回の事件にかかわった出資者には、大して意味のないメールを送ってくるだけであったり。

行政処分への「業務改善の改善対応策のお知らせ」以来、今回の問題に関する新しいお知らせは出てこなかったり。

挙句の果てに、マネオファミリーであるガイアファンディングで返済遅延が起こったとき、返済遅延に関わる出資者にだけメールを送り、HP上ではしばらくなんのお知らせもせず。

たいして問題がないだろうとわかってからHPのお知らせに載せてきたり。

なんかあまり誠実じゃないよねと思ってしまう。

会社としての業務も普段からこんなやり方なのだろうか?

もっといい会社なのかと思っていたけれど、どんどん「みんなのクレジット」や、「ラッキーバンク」に近い存在に感じてきてしまいます。

最終的に、「グリーンインフラレンディングの出資者には、マネオが損失を補てんします。」ぐらいのことがあったら話は別ですが、このままではマネオから気持ちが離れていくだけだよね。

はたしてどうするつもりなのだろうか?

安心して投資ができないところは、たとえリターンが高くても投資はできない。

『ディフェンスを固めること』は投資の基本ですよね。

0コメント

  • 1000 / 1000