2018年9月の運用状況について

2018年9月の投資、運用状況は特に変化なしでした。

株式市場は、FOMCの利上げを受けた円安ドル高によるものなのか、日経平均は上昇し24,000円を上回りました。

24,000円は今後の日経平均株価の方向性を見極めるにあたって重要なポイントかなと思っていたので、どうやら24,000円を上回ってきたということは、今後も上昇が続く、もしくは少なくとも今の状況を維持という可能性が高いのかなと思えてきました。

ただ、今年1月22日の24,129円とのダブルトップで下落方向へという可能性も捨てきれないなんて思ったり。

要はわからないということです。

ファンダメンタルは、米国の長短金利の上昇がありました。

米国長期金利は今年5月以来の3%を超えてきました。

今年5月くらいには、米国の長期金利が3%を超えると米国経済に悪影響が出始めるといった話を結構見かけましたが、最近はそれほど話題になっていないような感じも受けます。

長期金利が3%を超えることによる弊害として言われていたことは、米国の自動車ローンなどでサブプライムローンみたいになってきているといった話など、民間の債務に弊害が出てくるのではないかといったことでしたが、実際はどうなっているのでしょうか?

少なくとも、民間の債務がリーマンショック時級に膨らんでいるというのは結構騒がれている話です。

金利の上昇が、その債務に何らかの影響を与えるだろうなと考えるのは、誰でも思うところでしょう。

つまり、今投資環境への見解としては、急激に悪化するようなことはなさそうだけど、警戒心だけは解かない方がいいだろうなと感じているわけです。

過度な楽観視は禁止。

ということで、9月も投資先は価格変動リスクとは無縁のソーシャルレンディングが中心でした。

ただ、最近のソーシャルレンディング業界は、業界最大手のマネオで問題が発生したり、SBI証券などのSBIグループのソーシャルレンディング業者、SBIソーシャルレンディングでも遅延が発生するなど、ソーシャルレンディング投資のリスクの顕在化が目立ちます。

この辺の問題も、なんか今後の投資環境見通しにあまり強気になれないところになってきていますね。


0コメント

  • 1000 / 1000