この度、四季報を購入致しました!

四季報と言えば、株式投資家にとって最も有益なカタログ。

と言われています。

が、実はそれほど気にしてみていません。

ネット証券などで口座を持っていると、四季報の情報は調べることができてしまうからです。

四季報を見て購入銘柄を探すといった手順の人は、四季報がないと話にならないかもしれません。

いくらネットで四季報の情報が見れると言っても、紙媒体の書物のほうのが、まとめて情報を一気にみることができるというところがいいです。

四季報を書籍で購入し、ペラペラめくりながら投資したいと思う企業がないかを探す。そういうのは本になっていた方が、使いやすいと思います。

ですが、そもそもの銘柄探しを、テレビや雑誌、新聞などから得られるニュースや、広告。

はたまた、知人からの噂話や街中を散策して見かける企業や商品などから企業の存在を知るといった人には、四季報の情報は銘柄を見つけた後なので、本になっている必要がありません。

どちらかと言えば後者であるので、四季報を毎回買うようなことをしなかったわけですが、今回は、四季報を買いました。

そろそろ株式市場にも高止まり、そして下落という動きが出てくるのではないかという噂をよく耳にするようになってきたからです。

下落相場で一気に買おうと思うなら、今のうちにめぼしい銘柄をマークしておこうという狙いでした。

ただ、やはり普段の仕事や生活の中で、見つけて気になっているような銘柄でないと、長期で保有できる自信をもって購入することは難しいのかなとも思うところです。

長期投資っていうほど簡単じゃないなと思うところです。


0コメント

  • 1000 / 1000